環境整備と自治体

環境整備は、公共事業が行うものです。

環境を整備すると言っても、さまざまなものがあります。

環境整備補助制度や、環境整備を事業名称に持つ会社やプロジェクトなどもあります。

産業廃棄物の取り扱いは環境整備のひとつで、法律によって定められています。

各自治体には環境部や産業廃棄物指導課があり、廃棄物の処理や清掃を管理しています。

自治体により、ポリ塩化ビフェニル廃棄物、工事の際の資材の再資源化、特定産廃物の除去、自動車の解体や破砕、土砂の排出、土壌汚染などに関して相談に乗ってくれます。
区分についてのサイト:http://www.obamadoublespeak.com/

申請、届出の出し方、不法投棄の帽子や対策、野焼きの指導など、さまざまな廃棄物に関しての指導を行っています。

こうした適正処理の指導、監督、啓発などを行うことで、その自治体の生活環境整備を行い、市民生活の平和と安全を確保しているのです。

リサイクルや廃棄物の処分でわからないこと、疑問に思うことは、まずは自治体に確認を取ると間違いがないでしょう。

特に不法投棄などの法律に関係することは、確認しておくのが安全です。

自治体によっては、ゴミゼロを目指していたり、特徴や他の自治体とは異なった独自の方針を打ち出しているところも。

引越をしたら、近隣のゴミや廃棄物に関するルールをしっかり把握したいですよね。

パブリックコメントを募集している自治体もあるので、日頃疑問に思っていること、提案したいことがある人は利用してみるのもいいでしょう。

気になることは、窓口へ直接問い合わせを行うこともできます。